便利な機器の1つ

USBメモリーはとても便利な機器になっており、大量のデータや情報を持ち運ぶ事ができるようになっています。USBメモリーは小さいため紛失は気をつける必要があります。

この記事の続きを読む

機器を使用する

USBメモリは数ギガ程度の容量のファイルであれば簡単に保存出来て、サイズが小さいので持ち運びが簡単です。パスワードを設けることでそのデータを他の人に見られてしまう心配もありません。

この記事の続きを読む

機器の保有をする

USBメモリーがすっかり普及した現在では自分専用のUSBメモリーを保有している人も増えてきています。現在のUSBメモリーはセキュリティー機能やウイルスチェックなどの機能が搭載されています。

この記事の続きを読む

ディスプレイにタッチしている様子

バリア機能を高める

USBメモリのセキュリティにおいて一番簡単に操作できるのは、一般的なパソコンに搭載されている基本OSの中に標準で有している暗号機能を利用する方法です。 一般的に、事務系や営業等でもちられているパソコンはそのほとんどが同じ種類の基本OSを用いています。従って、パソコン上で機密情報を暗号化しておき、セキュリティを施した状態でUSBメモリにその情報を記録した場合、万一そのUSBメモリを紛失してしまっても、情報を暗号化した後のファイルが書き込まれているので、ほぼ解読されることはないと判断できます。 注意点としては、暗号化する前のファイルをUSBメモリに記録しておき、そのファイルを暗号化して、もとの情報を消去する、という手順でセキュリティをかけたつもりになることです。 この場合、見かけ上機密ファイルは消去されたようにみえますが、基本OSのファイル管理の仕方の特徴もあり、実データは消去されずにメモリ内に残った状態になっています。 セキュリティを考えた場合、やはりパソコン上での暗号化をおすすめします。

一般に、USBメモリのセキュリティは、ファイルに暗号化処理を施して書き込みをする方法と、USBメモリ事態にセキュリティ機能が搭載されたものを利用する方法があります。 前者の場合、ファイルを暗号化してメモリに書き込むため、一般的なメモリを利用する事ができます。 ただし、暗号化を施したとしても解析されてしまえば情報は漏洩してしまうこととなります。 その点において、セキュリティ機能を有したメモリでは、USBメモリへのアクセス権を制限するなど、情報の呼び出しそのものを制限し更に情報ファイルその物にも暗号処理を施すことで何重にもわたって情報の機密性を高めています。 そのため、一般のUSBメモリの他にもアクセス制御や情報の暗号化等の処理を行う機能を有する製品になるため高額になります。 一概に比較することは難しいですが、現在の相場では概ね一万円程度の差異となるようです。