機器の保有をする

現在では企業でもタブレット端末が社員に支給されるなんてことも珍しくなくなり、USBキーなんてものも存在している昨今です。 販売価格自体は普及によってだいぶ低下しましたが、一般に普及したことによって情報漏洩の問題が度々、報道などで話題にあがってますよね。 勿論、情報漏洩してしまった理由は無防備な状態のUSBを外に持ち出したまま、それを紛失してしまった為です。 非常にコンパクトで持ち運びが簡単なことはUSBメモリーの大きな利点ですが、それが災いしてひょんなことから紛失してしまう方が意外と多いのが現実のようです。

重要なデータを記録するUSBメモリーにはセキュリティを施した製品を利用することが重要です。 セキュリティが施された製品なら仮に紛失してしまったなんていう事態になったとしても記録した情報が外部に漏れ出てしまう可能性を大幅に低下させることができますし、紛失したUSBメモリーに会社の顧客の個人情報が大量に入っており、紛失した製品に記録されていたデータが流失してしまった場合は二次的被害は避けられませんが、そのようなリスクを抑制することが可能です。 セキュリティ機能を有したUSBメモリーは市場で簡単に購入することができます。 パスワードや記録されたデータの暗号化、ウイルスチェック機能などのセキュリティ機能が備わっているUSBメモリーが発売されているので重要なデータを持ち歩くなら利用することをお勧めします。